ゼ ミ メ ン バ ー | 卒 業 研 究 テ ー マ

2020-2021年度(ゼミ4期生)

安西 瑞希

長谷川 友紀

相田 大和

大下 裕矢

阪口 未桜

重永 皐月

森本 麻裕

山本 遼

山下 星也

水野 里香

武田 仁

田中 宏樹

松村 拓生

堤 康二朗

松本 葵

冨永 ひなた

2019-2020年度(ゼミ3期生)

西村 快   |卒業論文|大戸川ダム建設過程の住民意向と争点

荒川 登夢  |卒業論文|大規模イベント開催地周辺のごみ問題の実態:阪神甲子園球場周辺の事例

野口 聡司  |卒業制作|魅力があるということ[写真集]

美藤 大輝  |卒業論文|大正区の沖縄料理店にみる同化・異化

竹森 雄一  |卒業論文|津波避難施設としての歩道橋の可能性:静岡県吉田町の取り組みを通して

北原 知   |卒業論文|当事者の証言にみる災害時避難の諸問題:阪神・淡路大震災,東日本大震災,熊本地震

岡本 英樹  |卒業論文|重要伝統的建造物群保存地区の災害リスク

加納 直樹  |卒業論文|2011年3月9日と11日のあいだ

安原 杏奈  |卒業論文|「伝統工芸」と「伝統的工芸」のあいだ

小村 東洋  |卒業制作|今日は山に生きませんか[パズル]

松下 昂平  |卒業論文|駅近郊型商店街の評価指標の開発

西村 拓海  |卒業論文|南海トラフ地震発生時の公助・共助の限界:高知県四万十町の事例

下村 実里  |卒業論文|西日本豪雨災害被災者の「生活の軸」の喪失・回復過程:呉市天応地区のケーススタディ

川尻 涼太  |卒業論文|大都市圏における日常の「群集」リスクの実態

小牧 大輔  |卒業論文|京阪三条駅界隈の風景と記憶

阪本 瑞希  |卒業論文|重要文化財と災害ハザードの地理的関係:和歌山県の場合

速水 愛海  |卒業論文|コロナ禍における新たな観光のあり方

2018-2019年度(ゼミ2期生)

大石 千尋  |卒業論文|高齢化する被災リスク地域の実態:和歌山県由良町を事例に

本村 渉   |卒業論文|万博跡地のまちづくり

大谷 遼介  |卒業論文|アートとまちづくり

太田 智花  |卒業論文|駅広場の空間デザイン

長谷川 頌馬 |卒業論文|オーバーツーリズムへの対策

柏木 響希  |卒業論文|集落のコミュニティデザイン

大西 克典  |卒業論文|生き延びるための防災知識:大阪地下街の事例

長元 彰汰  |卒業論文|ギャンブル都市

浅野 琳太郎 |卒業論文|観光列車の挑戦:京都丹後鉄道の事例

古谷 拓大  |卒業論文|西宮北口界隈の変遷:阪神・淡路大震災を経て

道岡 楓太  |卒業論文|IR法案とカジノ

加藤 祐貴  |卒業制作|二寧坂のまちづくりとリノベーション

牧 陽平   |卒業制作|シェアスペースの空間デザイン

2017-2018年度生(ゼミ1期生)

岡田 啓汰  |卒業論文|震災遺構:東日本大震災の被災地の事例

森田 和樹  |卒業制作|災害シミュレーションは避難の迅速化に貢献できるのか? 津波避難ゲームの開発と検証

中村 悠   |卒業論文|災害と共助意識:奄美大島の事例

山口 慎太郎 |卒業論文|教訓は生かされているか:東日本大震災から南海トラフ地震へ

山本 菜乃  |卒業論文|ネパール地震における世界遺産の破壊と再生

安藤 千夏  |卒業論文|太平洋沿岸地域における防災意識と定住意識

網引 菜月  |卒業論文|火山と共生するまち

三代 京志郎 |卒業論文|絶滅危惧種を守る活動の実態

竹鼻 鈴香  |卒業論文|広島土砂災害:被災者らはどのように危機を逃れたのか?

井上 千瑳  |卒業論文|SNSと観光

東町 名高  |卒業論文|水浜集落はなぜ防災意識が高いのか?

福地 巧   |卒業論文|文化財と災害履歴の関係:和歌山県の事例

大西 優   |卒業論文|ニュータウン再生におけるURの役割

福本 琴理  |卒業論文|災害時に携帯可能な防災アイテム

後藤 圭登  |卒業制作|西成の日常



   


COPYRIGHT © 2018 Masato TANAKA. All RIGHTS RESERVED